red orange yellow green blue pink

調べた内容が保存されているもの

8月 18th, 2014

人は犯罪歴などを何時までも残されてしまう生き物です。何らかの問題行動を起こした場合はそうした情報が警察の中で処理され、死ぬまで情報は残り続けることとなります。前科を持っているということはすぐにわかってしまうので、隠し続けることは一切できないのです。この情報ですが身元調査で判明する場合もあり、こうした調査を受けている場合はデータベースに保存されている可能性があります。

自分が身元調査の対象となっている場合、探偵は色々なところから犯罪歴などを調査することになります。この調査内容を残したのがデータベースの存在です。一般の方はアクセスすることができず、仕事に携わっている方が厳重なセキュリティをかけて保存しているのです。この中には犯罪歴などの悪い情報が含まれており、この人は安全かどうかを確かめることができます。何らかの問題があるようならその情報は残り続けるのです。

この情報ですが企業側が閲覧していることもあります。採用した人間が犯罪者ではないか、そうした履歴を持っているのかどうかをチェックします。そのためデータベースの情報は要求があれば見せることとなるのです。この情報を確かめてから実際に採用という傾向が強く、企業側にとって身元調査の情報を保存しているのはとても助かるものと考えてください。なお個人で閲覧することはまずできません。

色々な調査の下で作られたデータですから、間違いというのはあり得ないのです。そのため信頼できる情報を保管しているデータベースは非常に重要なものであり、ある意味自分の運命を決めるための情報を残している物と考えてもいいです。犯罪を犯せばこのデータベースに情報が残り、悪い人という判断を下されてしまいます。